ミノキシジル エビデンス

発毛成分「ミノキシジル」のエビデンスに信ぴょう性はある?

ミノキシジル,エビデンス

ミノキシジルは血管膨張剤として、その多くは高血圧治療患者の経口薬として医療用に使われてきました。

 

ところが、このミノキシジルを治療中に誤って患者の頭皮にぶっかけてしまった後に、その患者の頭から大量の毛髪がモジャモジャと生え始めたことから、その発毛・育毛作用に脚光が浴びて、学会でも認められる発毛促進剤としての地位を築き上げました。

 

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインによると、ミノキシジルの推奨度はAランクと位置付けられています。

 

その他の結果は以下のとおりとなります。

 

ミノキシジルの外用は有用か? 男性症例に対して5% ミノキシジル外用液を外用療法の第一選択薬として、また女性症例に対して1% ミノキシジル外用液を治療の第一選択薬として用いるべきである。

 

ノキシジル外用の発毛効果に関して良質な根拠があるので、男性症例に対して5% ミノキシジル外用液を外用療法の第一選択薬として、また女性症例に対して1%ミノキシジル外用液を男性型脱毛症治療の第一選択薬として強く推奨する

塩化カルプロニウムの外用は有用か? 用いてもよい。

 

塩化カルプロニウム単独での有益性は、現段階では十分に実証されていないが、生薬との合剤を含むわが国での膨大な診療実績も考慮し、外用療法の一つとして推奨することにする。

医薬部外品・化粧品の育毛の外用は有用か? 用いてもよい。

 

医薬部外品・化粧品の発毛効果に関しては、有効性を示すエビデンスレベルの高い試験があるが数が少ない。

 

しかし、副作用が軽微な点も考慮し、外用療法の一つとして推奨することにする。

 

しかし、女性の有益性は不明である。

 

ではその有益性は不明である。

セファランチンの外用は有用か? 用いない方がよい。セファランチン外用の有益性は、現段階では実証されていない。

 

今後の臨床試験で十分に>検証されるまでは、日常診療において使用を推奨しない

自毛植毛術は有用か? 条件付きで推奨する。

 

自毛植毛術のエビデンス・レベルは必ずしも高いとは言えないが、フィナステリド内服やミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対して、他に手段がない状況、国内外における膨大な診療実績、また患者の病悩を考慮し、委員会としては十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り、推奨度B として推奨する。

人工毛植毛術は有用か? 化学繊維で作られた人工毛を植える人工毛植毛術については過去に多くの有害事象の報告があり、FDAでは人工毛自体を有害器具として指定しており、その使用は事実上禁じられている。

 

さらに、エビデンス・レベルとしては高くなくても、有害事象に関しては看過できないものがある。それゆえ、現時点では日常診療において使用しないよう勧告する。


エビデンスで証明された発毛成分ミノキシジルを含む「リアップ」

ミノキシジル,エビデンス

国内で最も早く、このミノキシジルの成分に着目し、製品化にこぎつけたのは大正製薬でおなじみの「リアップ」でしょう。

 

現在は、育毛剤としてCMで広告を打てるのも「リアップ」だけでしょう・・・。

 

でも、考えてみてください。

 

なぜ、私たちは「リアップ」しか目にできないのでしょうか?

 

それはリアップが広告が打てるほど利益を出し続けているからなんですね。

 

利益を出しているということは、何かしらの「カラクリ」があると思ってください。

 

実は、ミノキシジル配合製品は「リアップ」だけではありません。

 

リアップだけが国内で広告を打てる理由はここで述べませんが、何かしらの裏があることは認識しておいてください。

 

さて、以下ではリアップ以外でミノキシジル配合の発毛剤について紹介します。


リアップ以外の発毛成分ミノキシジル配合製品は?

リアップ以外のミノキ製品は?

1.リアップ

言わずもがなの国内育毛剤市場でトップレベルのシェアを誇ります。

 

国内製品としては唯一の「ミノキシジル」配合製品となりますが、その独占状態ゆえ、価格はどうしても高めに設定されてしまいます。(お父さんのお小遣いだけでやりくりするには厳しい!?)

 

2.ロゲイン

ロゲインは世界中で実績のある、海外医薬品です。

 

現在は、ジョンソン&ジョンソン社の傘下であるマクニール社が販売責任を負っており、知名度・実績共にNO.1。

 

価格もリアップの約半額と、比較的入手しやすいものとなっています。

 

ミノキシジル5%の配合量もそれなりに入っており、リアップとの違いは価格のみという状態です。
(参考:リアップとロゲインの比較サイト

 

3.カークランドロゲイン5%

カークランドロゲイン5%は、ロゲインのジェネリック。

 

ジェネリックとは配合される成分はそのままに、特許切れのため、価格だけが安くなったものをいいます。

 

つまり、ロゲインの成分と同じモノで、さらに値段が安くなったもの。

 

それがカークランドロゲイン5%ということになります。

 

値段も、カークランドの2/3程度ということで、最安値です。

 

リアップなどに比べてさらに安すぎて心配なくらいですが、ミノキシジルですぐに発毛効果が認められたユーザーは、ランニングコストの問題にぶち当たるので、必ずカークランドロゲイン5%に流れてくるのだとか・・。

 

(参考:ロゲインのジェネリック「カークランドロゲイン」


発毛成分ミノキシジルまとめ

ミノキ製品まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ミノキシジル配合製品が抜け毛・男性性脱毛症に効くとは言え、情報を知っているかどうかで負担する金額が変わってきます。

 

少ない資源で効率的に結果を出すためには情報をしっかり選別して実践していかなければなりません。

 

当サイトの情報が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。


リンク集|123


inserted by FC2 system